スポンサードサーチのアドカスタマイザーで地域別に広告文を変える!

スポンサードサーチのアドカスタマイザーがいよいよ改善されましたね!( リリースノート

変更の目玉は、「ターゲット地域が設定できるようになったこと」と「デフォルトテキスト」の指定ができるようになったこと。

さっそく設定してみましたよ。
ちらっとだけ設定画面をお見せしましょう。

まずは[共有ライブラリ]>[自動挿入リスト]。

広告文はこんな感じ。

こうすると、{=Area.Area:関西}の部分に自動的にデータ挿入リストの[Area]の部分のキーワードが挿入されます。

京都府宇治市にいるユーザーには「宇治で~」という広告文が表示されるわけです。

もしユーザーの地域が不明瞭な場合は、デフォルトテキストが代わりに表示されます。上の例で言うと「関西で~」という広告文になるわけです。

んー便利ですね。
今までは地域ごとに広告文を出し分けようと思ったらキャンペーンを分ける必要があったわけですが、今後は同じキャンペーン、同じグループで済むわけです。
アカウントの構成がぐっとシンプルになって管理しやすくなりますね!

地域ごとに細かく配信するほうが有効なビジネスであればぜひとも活用したほうがいいですね!

※ 設定にはキャンペーンエディターが必要です。