広告種類別の広告文

広告運用に慣れてくると、広告文の作成って機械的な作業になってしまいがちです。

「リスティング広告の運用なら〇〇 - 低価格で細やかな運用」
みたいな。

ザ・広告って感じですね。
これはこれで成果を上げることもありますが、すべてがこの調子だと高い効果は期待できません。

広告文は、ユーザーが目にするシチュエーションによって変えることで高い成果を発揮します。

「リスティング 運用会社 大阪」で検索した人なら、「リスティング広告の運用なら〇〇 」でもよいかもしれません。

しかし、たとえばディスプレイ広告だったらどうでしょう。
関係のないニュース記事を見ているときに「リスティング広告の運用なら〇〇 」という広告が出てきても、「じゃあ頼もう」とはなりにくいでしょう。
ですが「ホームページへの集客でお困りではありませんか?」という広告文なら、ちょうど集客に課題を感じている人がクリックしてくれる可能性は上がるでしょう。

リスティングとディスプレイ広告では成果を出す広告文は異なりますし、
同じリスティングでもキーワードによって、ディスプレイ広告でもターゲットの方法によって効果のある訴求の仕方は変わることでしょう。

広告文を作るときは機械的に同じものをつくるのではなく、「どのようなユーザーがどんなシチュエーションで目にするか」を意識して作りましょう!