Twitter広告

2019.09.26

今日から始める!Twitter広告

Twitterは月間利用者が4500万を超える人気のSNSです(※2017年時点)。

多くの企業でマーケティングに活用されており、既に運用されている方も多いと思います。まだ始めていない方もアカウントの作成、ツイートの投稿は無料で行うことができるため、簡単に情報発信を始めることが可能です。

今回はそんなTwitterの広告サービスについて紹介します。

Twitter広告とは

Twitter広告は作成したツイートを広告配信できる広告媒体です。通常のツイートは自分のアカウントをフォローしているユーザーにしか表示されませんが、広告掲載することで非フォローのユーザーに広告を表示することが可能です。

課金体系には種類があり、いくつか抜粋すると下記のようなものがあります。

  • ツイート文中のURLがクリックされると課金
  • ツイートに添付された動画が再生されると課金
  • 広告経由でアカウントをフォローされると課金

Twitter広告のユニークな特徴として、リツイート(以下、RTと表記)された広告には課金が発生しないというものがあります。これは、広告ツイートがたくさんRTされるほどお得になるシステムです。

とある広告ツイートを1万円で出稿し、URLが100回クリックされたとすると、1回あたりの単価は

10,000 ÷ 100 = 100円

このツイートがもし1,000回RTされ、RT経由でURLがさらに100回クリックされたと仮定すると、1回あたりの単価は

10,000 ÷ (100 + 100) = 50円

このようにRTの回数次第では予想をはるかに下回る金額で目標を達成することも!

Twitter広告の始め方

Twitter広告を始める方法は大きく分けて3種類あります。

まず1つ目はクイックプロモート。これはスマートフォンからでもすぐに始めることができ、予算も5,000円など低予算から始めることができます。

手順は簡単で、「広告出稿するツイート」「ターゲティングする地域」「予算」の3点を選ぶだけです。導入の際の詳細な手順は、Twitter公式のヘルプページをご確認ください。

クイックプロモート | Twitter公式

 

2つ目にオートプロモート。これは月額9,900円で始められる広告で、運用が不要の広告となります。

オートプロモートを簡単に説明すると、普段投稿しているツイートから反応の良いものが自動的に広告ツイートとして配信されます。そのため、クイックプロモートと違い、広告出稿するツイートを選ぶ必要もありません。

設定が簡単な反面、特定のツイートを集中して広告出稿したい場合やターゲティングを細かく指定したい場合には向いていません。

こちらも導入の際の詳細な手順は、Twitter公式のヘルプページをご確認ください。

オートプロモート | Twitter公式

 

3つ目は、広告運用の代理店に依頼することです。Twitter広告の通常メニューは個人でも使用することはできますが、設定すべき項目が非常に多いため、広告運用を専門に行うプロに任せるのが最も確実に成果を上げられます。

特に広告のターゲティングは地域だけでなく、「年代」「性別」「ユーザーのツイートしたキーワード」などの具体的な項目で絞り込むことができるため、より成果を上げるためには不可欠な要素となっています。


まずは「クイックプロモート」や「オートプロモート」を試してみて、思ったように成果が上がらなければ広告運用の代理店におまかせするのが良いと思います。

その際はぜひレッツマーケにご相談ください!
お問い合わせはこちら

同じカテゴリーのエントリー

関連記事はありません。