SEO

2017.06.05

SEOとSEMってどっちがいいの?

「SEOとSEM(リスティングなどの広告)ってどっちがいいの?」
と相談されることがあります。

もちろんケースバイケースで、
時間と労力がかかってもいいからゼロコストで集客したいのならSEOですし(集客できるという保証はありませんが)、
費用がかかっても短期的に確実に集めたいのならリスティングやディスプレイ広告をおすすめします。

ですが、ほとんどの場合において答えは「どっちもやったほうがいいですよ!」です。

 

SEOとSEMの両方に力を入れるべき理由

 

そもそもSEOと広告は対立するものではありません。

ひと昔前のSEOは「いかにしてGoogleをあざむいて価値のあるサイトだと思わせるか?」でしたが、今はそのやり方では効果は出ません。というか逆効果です。
「いかにしてユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供するか?」を考えなくてはいけません。

そしてその考えは、リスティングやディスプレイ広告にとっても有用です。

ユーザーが求めていない情報を提供してもなかなかコンバージョンには結びつきません。

ですから、「いかにしてユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供するか?」を考えることが、SEOでの流入数を増やすことになり、SEMのコンバージョン率を上げることになるのです。
ひいてはLTV(顧客生涯価値)を高めることにもつながります。

「ユーザーは何を求めて検索しているのか?」
「今のサイトはその期待に応えられているか?」
これを考えることこそが、SEOとSEMの両方にとってプラスになるはずです。

同じカテゴリーのエントリー

関連記事はありません。